研ぎ出し

おはようございます。

お盆休みにはいりました~・・・14.15日は

自分だけ仕事・・・・

それは置いといて~

今、左官の古い技術を会得するために6月頃から暇さえあれば練習をしてます。

左官の技!「研ぎ出し」です。

てらぞーの既製品はたぶんみなさんお目にしてると思いますが、

それに負けなように研ぎに研ぎましたw

DSCN0669

水をかけながらゆっくりとじっくりと研いでます。

DSCN0671

ピカピカに仕上がりました^^

もっと練習をして腕を磨きたいと思います。

 

 

ST様邸左官工事2

昨日は昼から雨予報でしたけど~お仕事やりました!!!

前日に下塗りを済ませて雨養生もして

バイトの職人さんの予約もいれて準備完ぺきにして後戻りできないように

しました~w

で~あまりにも忙しく~一枚も写真撮れませんでした><

今日、最終確認をして外壁吹付下地は終わりです^^

IMGP0518

IMGP0520

切りつけもうまくまっすぐにできてます、職人さんいい仕事してくれてありがとう。

IMGP0516

IMGP0513

水切りもうまくまっすぐに通せました、満足満足♪

IMGP0515

仕上げ完了です。

久しぶりの外壁吹付下地でした~バタバタしてましたけど、

今回もいい仕事が出来たって思ってます。

サッシと水切りのとおりも通って満足です。

同じ幅で真っ直ぐすることは難しいのです。

雨の中、バイトの職人さん、従業員さん~お疲れ様でした。

 

KK様邸左官工事2

忙しく昨日はブログ書けませんでした・・・

昨日は~

002

応援を頼んで塗りの始まりです^^とてもいい天気です。

003

ファイバーネットを伏せこんでます。

 

004

下塗り完了です。

で~今日は~

005

みんなで一斉に軽量モルタルを塗っていきます。

006

左官道具の一つ木コテ(今はプラスチックのコテですが)で平等に水平にしていきます。

左官職人が軽量モルタルを壁に塗りますが、まっすぐに塗ることは

ほぼ不可能に近いんです。

職人が塗った後、写真にはないんですが、1メートル50センチ

ほどの木の定規があり・・・今度写真で撮りますね。

それを使い塗ったところが高いところは削っていき低いところはまた軽量モルタルを

つけてまっすぐに壁にしていくのです。

そのあとに木コテ・・・今は木コテの代わりにプラスチックでできてる

コテで最後の調整していきます。

この作業が難しいんです。

008

010

ちょっと見にくいですが木コテで調整したあと、薄い仕上げコテで綺麗に押さえていきます。

013

012

011

今回もサッシと壁の通りと水切りの通りがまっすぐにでき満足のいく仕事のなりました^^

今年もあともう少し頑張るぞー!

H精工の左官工事2

昨日はH精工の工場の左官工事のメインである750㎡の土間

コンクリート押さえです。

001

広いですね~

005

006

順調に進んでます^^

004

007

あともう少し~

010

無事全部打ち終わりました^^ が打ち終わり午後の3時です・・・

すこし休憩をして

011

仕上げ開始です。

015

012

016

終わったのが午後11時です、みんなお疲れ~監督さんもお付き合いありがとうございました。

さてここで少し土間のお仕事についてお話したいと思います。

土間は左官にとって一番技術がいて難しいお仕事だと自分は思ってます。

土間なら誰でもコンクリートを打つことができ、モルタルも塗ることができ

ると思ってる人がいますが、それは違うんです。

コンクリートを水平にする!モルタルを水平に塗る!

水が流れるように勾配をとりながら打つ、塗る作業を完ぺきにすることは

左官にとって永遠の課題です。

自分は左官を21年続けてますが、未だにコンクリート、モルタルは1センチちょいの

誤差がでるときがあります。

仕上げの押さえた時の勘違いもあります。

コンクリートを打ったとき、モルタルを塗った直後に一度コテを押さえたとき

水分が浮いてとても綺麗に見えるんですが、水分が引いて乾いたとき

とても汚くザラザラしてコンクリート、モルタルがぼけた感じになります。

仕上げは水分が浮かなくなるまで押さえるのが一番なのです。

フジモト工業は個人個人が納得いくまで何回も押さえて仕上げをするように心構えてます。

 

 

 

 

T様邸リフォーム

今日はT様邸のリフォーム外壁左官工事です。

しかしながら昼ごろから雨模様

降らないで~って思いながらの仕事開始です。

IMGP0194

サッシにグリーンテープを張って養生をします。

IMGP0195

すべてのサッシに養生をします。

このグリーンテープはフェルト、ラス網を張る工程前に、

必ずする養生です。

汚さない、傷つけないという役目もあり、

左官の技術で難しい「通り」を通すという役目もします。

サッシにグリーンテープを張るときにサッシとラス板の間隔を

一定に保ちながら真っ直ぐにグリーンテープを張ります。

この作業をすることによって塗る作業の時に軽量モルタルの塗り厚もわかり「通り」

という難しい作業もスムーズに進みます。

IMGP0196

で結局、昼前には雨降ってきて作業中止です・・・写真は夕方ですがw

明日も雨予報~工程がずれていく~。

 

腕の見せ所

朝と夕方になりつつ寒くなってきました。

まだ日中は暖かくて作業にするには最高の気温です。

これから冬が来るのか・・・寒くなるのか・・・って思うと・・・はぁ~

IMGP0165

ノンクラック工法の吹付下地完成です。サッシと壁の通りがまっすぐに通って満足してます。

 

IMGP0164

水切りの壁も通りをまっすぐにできてホッとしてます。

この写真の「通り」をまっすぐにするっという作業は意外と技術がいるんです。

左官の腕の見せ所って言ってもいいほどに難しいことなんです。(力説・・・笑)